審美歯科について

審美歯科とは、審美(見た目)のきれいさに重点を置き、より美しくきれいに仕上がることを目標として行われる歯科治療のことです。このサイトでは、審美歯科とはどんなところなのかについて説明します。

歯の美しさへの意識は、洋の東西問わず古くからありました。ローマ時代の文献の中には、黒ずんでしまった歯を白くする方法について医師が記述したものが残っていますし、日本で江戸時代に行われていたお歯黒は浮世絵などにも出てきますね。歯が白いのが美しいのか黒い(黒く塗る)のが美しいのかは時代や場所により違いますが、歯を美しく保ちたいという思いは、人々の美意識の中に古くからあったのですね。

審美歯科が生まれたのは、1990年代のアメリカ・ロサンゼルスです。そこから世界中に広まり、日本でも審美歯科を謳う医院がどんどん増えてきました。

歯医者以前なら、虫歯になって治療したら銀色の詰め物、銀歯が当たり前でした。年齢を重ねるにつれ歯が黄ばんでくるのも当たり前でした。しかし、審美歯科の登場により、虫歯になっても年齢を重ねても白い歯でいることが可能になってきました。歯の色や形は、顔全体の印象に大きな影響を与えます。審美歯科で行われている様々な施術に興味を持っている人も多いのではないでしょうか。

ですが、審美歯科は保険がきかないことから、よく調べたり検討してみる前に諦めている人もいるようです。本サイトでは審美歯科で行われている代表的な施術、ホワイトニングとオールセラミックを取り上げて紹介します。審美歯科受診検討の参考にしていただければ幸いです。